ActiveVisor™とは

ActiveVisor™は、クライアントPCのバックアップステータスのCollect(収集)、Monitor(監視)、Correct(修正)を軸にした組織全体のクライアントPC の健全性の保護、監視を統一した方法で集中管理できる統合管理マネージャーです。ネットワーク上の各クライアントのエージェントベースのActiveImage Protector™および エージェントレスのHyperAgent™からの情報を収集し、視覚的な統計情報の表示、クライアントの状態、バックアップ状況、保存先の状態の監視、タスク、スケジュールの配信等をおこなうことができます。一元的にすべてのActiveImage Protector™の状態、設定をActiveVisor™エージェントと接続してどこにいても管理することができますので、管理者の作業が大幅に軽減されます。

※ActiveVisor™は、ActiveImage Protector™の年間サポートサービス契約期間中のユーザー様に、無償で提供いたします。

ActiveVisor™を使用するメリット

  • システム管理者が大量のバックアップ対象マシンを一台一台管理する手間が省けます。
  • 必要に応じてWebブラウザーでの管理も可能ですので、管理者はどこにいても作業が可能です。
  • 障害が発生した場合、どのマシンでどういった障害が発生したかを視覚的にわかり易いインターフェ―スで提供していますので、復旧作業が迅速におこなえます。
  • 運用開始後に想定外のバックアップの遅延が発生した場合でも、状況がわかり易く表示されますので、さらに踏み込んだシステムやデータの保全管理がおこなえます。

  • ActiveImage Protector™用の集中管理コンソール

    ActiveImage Protector™用の集中管理コンソール

    ActiveVisor™は、バックアップ対象マシンの健全性の保護・監視を統一した方法で集中管理できる統合管理マネージャーです。ネットワーク上の各クライアントからの情報を収集し、視覚的な統計情報の表示、クライアントの状態・バックアップ状況・保存先の状態の監視、タスク・スケジュールの配信等をおこなうことができます。

  • 収集データをグラフィカルに表示できるダッシュボード

    収集データをグラフィカルに表示できるダッシュボード

    探索したコンピューター数、管理下のコンピューター数、タスクの失敗/成功、保存先容量の状態などの情報を視覚的なグラフですぐに把握できます。ActiveVisor™は、アクティブディレクトリと協調して、ActiveImage Protector™クライアントを管理していますので、ネットワークトラフィックを大幅に削減し、数百台のクライアントの管理も容易におこなうことができます。

  • きめ細かい柔軟なスケジュール設定が可能

    きめ細かい柔軟なスケジュール設定が可能

    個別のクライアント毎にスケジュールを設定できます。また、あらかじめ作成したテンプレートを使って、同一パターンのバックアッププランを一括して配信できます。

  • クライアントリストの表示 / グループ分け管理

    クライアントリストの表示 / グループ分け管理

    アクティブディレクトリのコンピューターを探索した一覧から、簡単に管理対象に追加できます。管理対象のマシンに対しては、コンピューターの情報やバックアップタスクの状況などを確認することができます。バックアップタスクの開始/停止も可能です。クライアントは自由にグループ分けして管理でき、管理単位は実情の構成に合わせて設定できます。

  • クライアントのモニタリング

    クライアントのモニタリング

    クライアントのバックアップ状況、タスク実行状況など、クライアントの状態をモニタリングできます。ActiveVisor™のコンソールとは独立したモニターパネルから監視したいクランアントを表示して常時表示しておくことができます。

  • クライアントのログ収集

    クライアントのログ収集

    クライアントのエージェントからの情報を定期的に収集して保存しますので、クライアント毎の実行ログの閲覧が可能です。保存先ストレージの状態も管理しますので、容量不足などを的確に察知できます。

  • 未設定のクライアントにエージェントをプッシュインストール

    未設定のクライアントにエージェントをプッシュインストール

    同一ドメインのコンピューターを探索し、エージェントベースのActiveImage Protector™およびActiveImage Protector™のエージェントレス機能(HyperAgent™)をリモートからプッシュインストールできます。ActiveImage Protector™のVirtual Editionのプロダクトキーを使用して、ハイパーバイザー上のクライアントへプッシュインストールすることもできます。また、通常のインストーラーに加えて、ActiveImage Protector™のパッチもプッシュインストールできます。

  • バックアップテンプレート/クライアント設定をデプロイ(配布)

    バックアップテンプレート/クライアント設定をデプロイ(配布)

    各種タスクと設定のテンプレートをウィザードで作成できます。テンプレートを作成することで、複数のクライアントへ同時に設定を配布できます。また、テンプレートを再利用して、後で同じ設定を再度配布することも可能です。これにより、今までクライアント一台一台おこなっていた設定作業が一度の操作で完了できますので、大幅なリソースの削減になります。

  • 障害発生が一目でわかるアラート機能

    障害発生が一目でわかるアラート機能

    何らかの障害が発生した場合、どのマシンでどういった障害が発生したかを視覚的にわかりやすく表示しますので、即座に復旧作業に着手できます。

価格:
ActiveImage Protector™の年間サポートサービス契約期間中のユーザー様に、無償で提供