パブリッククラウド参入

完全バックアップ

クラウド環境内で完結

オンプレミスと連携 

ActiveImage Protector™ Cloud は各種クラウドサービス上の仮想マシンでご使用いただけます。

ActiveImage Protector™ 2022 Cloud

このライセンスでは、各種クラウドサービス上で動作している仮想マシンのバックアップ運用が可能です。

各種クラウドサービスでは冗長化を始め、様々な構成を組むことができますが、サイバー攻撃や操作ミスなど、時にはバックアップからの確実なリカバリーをおこなう必要があります。

ActiveImage Protector 2022 Cloudは、オンプレミスのActiveImage Protectorと同じ使用感のため、現場のエンジニアの負担が大幅に軽減されます。

クラウドサービス内のネットワークのみでも運用可能ですが、物理的に距離のあるゾーンのマシンや、異なるリージョン間などのS3互換のオブジェクトストレージへの保管から、オンプレミス環境へのデータ保存まで、災害対策も意識したシステム構成へ自由自在に導入可能です。

またActiveImage Protector 2022 Cloudで作成したバックアップファイルは、通常のActiveImage Protectorとの互換性があるため、クラウドサービス上のシステムをオンプレミス側の仮想環境で起動することも、オンプレミス側のバックアップファイルをクラウドサービス上の仮想マシンとして起動することもできます。

ハイブリッド環境においてオンプレミスとクラウドサービス上の仮想マシンのシステム保護を統一すること、または単一障害点が存在するリーズナブルなクラウドサービスの仮想マシンを低コストで保護することができるため、TCO削減につながります。

導入例