ActiveImage Protector 2022 共通機能 / Windows

New Generation

クラウドダイレクト

クラウドダイレクト

従来オブジェクトストレージへのバックアップファイルの書き込みは、ImageCenter LEでおこなう必要がありましたが、ダイレクトに書き込み可能となりました。
災害対策などで、遠隔地にバックアップデータの保存を効率的かつ安全におこないたい場合には、有効な手段の1つとなります。ActiveImage Protectorでは、一般的なS3互換オブジェクトストレージに対応しているため、ユーザーの選択肢が広がります。

LTO対応

LTO対応

ActiveImage Protectorでは、リリースよりバックアップファイルの保存先がディスクに限定されていました。
しかしテープデバイスであるLTOは進化を遂げ、長期データ保管、および災害対策としての利用も多く、大容量データの長期保管としてはコスト面で優位性もあります。そこで保存先の1つとして、新たにLTOに対応しました。

ファイル、フォルダー単位のバックアップ

ファイル、フォルダー単位のバックアップ

ActiveImage Protectorはイメージングバックアップをベースに進化しているため、従来のバックアップはディスク、ボリューム単位での実行でした。
しかし新バージョンより、待望のファイル、フォルダ単位のバックアップに対応しました。そのため、よりエンジニアのシステム保護の仕組み作りの自由度、利便性が向上します。

ディスク間コピー

ディスク間コピー

以前存在したディスク間コピー機能が復活しました。ローカルディスク間のコピーも可能となり、ディスクの引っ越し用途などで活用することが可能です。

SFTP対応

SFTP対応

セキュアな情報のやり取りを可能とするハイブリッド暗号方式のSFTPに対応しました。
社内にSFTPサーバーを立ち上げることにより、遠隔地からパソコンのバックアップを保存するなど、テレワーク使用のパソコンの保護をおこなうのに最適です。

新しい起動環境

新しい起動環境

新しい起動メディアはWindows ADKの実装不要で作成可能です。バックアップ対象上で作成することにより、簡単に必要なドライバーを組み込むことができます。またLinuxベースの起動メディアでは、オンメモリ上で動作が可能となりました。

基本機能

  • 導入が簡単

    導入が簡単

    簡単なセットアップを実行するだけで、導入は短時間で完了します。

  • 増分バックアップ

    増分バックアップ

    日々のバックアップは変更箇所だけを取得することができます。

  • すべて日本語表示

    すべて日本語表示

    操作画面はすべて日本語なので、全機能を簡単に操作可能です。

  • マルチスケジュール

    マルチスケジュール

    複数のスケジュールタスクを作成可能で、第何何曜日など自由自在に設定できます。

  • OS、データ完全復旧

    OS、データ完全復旧

    OSを含めたすべてを、簡単な操作で短時間に復旧することができます。

  • P2V,V2V etc.

    P2V,V2V etc.

    物理から仮想、異なる仮想同士など、コンバート機能で復元先の可能性を広げます。

  • コンソリデーション機能

    コンソリデーション機能

    増加する増分ファイルを、自動的に指定数にまとめて運用することができます。

  • 世代管理

    世代管理

    バックアップファイルを世代管理することができます。

  • ファイル単位復元

    ファイル単位復元

    システム全体のバックアップファイルから、必要なファイル、フォルダー単位でも復元可能です。

  • システム冗長化

    システム冗長化

    直接またはバックアップファイルから、仮想環境上にコールドスタンバイマシンを作成できます。

  • シャットダウンで実行

    シャットダウンで実行

    シャットダウンをトリガーとして、バックアップを実行することができます。

  • レプリケーション

    レプリケーション

    一次保存先から、遠隔地を含む二次保存先にバックアップファイルを複製できます。

  • 保存先隔離

    保存先隔離

    バックアップ保存先を、バックアップ実行時以外は隔離してアクセス不可にできます。

  • 異常時メール通達

    異常時メール通達

    バックアップ失敗時など、メールで管理者に通達されます。

  • 暗号化パスワード

    暗号化パスワード

    バックアップファイルは、AES暗号化とパスワード設定が可能です。

  • オフライン環境対応

    オフライン環境対応

    インターネット接続がない環境でも、AAS、ライセンスファイル方式でアクティベーション可能です。

  • 各種スロットリング

    各種スロットリング

    I/O、ネットワークなど各種スロットリングの調整ができます。

  • イメージ起動

    イメージ起動

    バックアップファイルから直接起動して、各種テストなどに活用できます。

  • 高速に動作

    高速に動作

    バックアップと復元は、短時間で操作、実行することが可能です。

  • 事前起動チェック

    事前起動チェック

    バックアップ取得後、そのバックアップファイルが起動可能か、自動的にチェックをおこないます。

  • 重複排除圧縮

    重複排除圧縮

    バックアップファイルは、オンラインで機能する重複排除圧縮により、最大50%まで圧縮可能です。