ActiveImage Protector 2022をリリース

クラウドへの直接バックアップ、クラウド上での復元に対応した システム/データ保護ソリューションの新版をリリース

株式会社 アクティファイ(旧社名:ネットジャパン、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蒋 冠成、https://www.actiphy.com)は、システム/データ保護ソリューションの新版、「ActiveImage Protector™ 2022」(読み:アクティブイメージ プロテクター2022)を2021年11月12日から受注開始します。

新版リリースの背景

サイバー攻撃などの脅威が高度化し、自然災害や人災によるサーバーのダウンが頻発しています。このような状況の中、システム/データを中心とするインフラの保護と、障害発生時でも、簡単な操作で機能を即座に復旧させることがビジネス継続性の重要な鍵となっています。

ActiveImage Protectorの新版では、従来のローカルストレージに加えて、クラウドストレージへの直接バックアップできる機能、クラウドストレージからのリストアができる機能を搭載しました。
さらにクラウド上の仮想マシンには、クラウドストレージに保存したバックアップイメージを復元できる機能も搭載しました。RTO(目標復旧時間)の観点から、システム復元のための様々な手法を提供し、ITエンジニアが不足する時代を見据えて、専門知識がなくても簡単な操作でデータ/システムを保護する機能を搭載しています。

ActiveImage Protector™ 2022の新機能

今回リリースする新版では、以下の機能が追加、改善されました。

  • クラウドストレージへの直接バックアップ(Direct-To-Cloud)
    バックアップの保存先として、物理的に離れたクラウドストレージに保存しておけば、災害時にもバックアップデータの消失を回避できます。S3互換のオブジェクトストレージ や Azure などのクラウドストレージを直接使用できます。また、SFTPプロトコルにも対応していますので、セキュアなSFTPサーバーをバックアップ保存先として利用可能です。
  • クラウド復元(In-Cloud Recovery)
    クラウドストレージに保存したバックアップイメージから、同じクラウド上の仮想マシンへ、直接復元することができます。クラウド上に保存されたローカルサイトの物理/仮想マシンのバックアップから、クラウド上の仮想マシンに復元するだけで復旧することができます。災害発生時で、即座に復旧が必要な場合には、大変有用な機能です。
  • LTO テープ装置をサポート
    ランサムウェアなどの攻撃からデータを物理的に隔離することも重要となってきており、LTOテープが再度注目されています。LTOテープ装置をバックアップの保存先として指定できます。テープへのバックアップデータは隔離された別の場所に置き、長期間アーカイブデータとして確実に保管できます。
  • ファイルバックアップ
    重要な個別ファイルだけをバックアップすれば十分という場合には、特定のファイル、フォルダー単位でバックアップ/リストアができますので、負荷を軽減できます。システムディスクのバックアップと組み合わせることで、柔軟な復元も可能になります。増分バックアップにも対応しています。
  • ディスク間コピー(Disk-To-Disk Copy)
    ディスク間コピー機能は、ディスク間でのデータのコピーだけでなく、ボリューム間のコピーを、セクター単位でおこなうことができます。自由度が非常に高いため、SSDへの移行、大容量ディスクへの交換など幅広く対応できます。
  • サブスクリプションライセンスの提供
    従来の永続ライセンスに加えて、企業が導入し易い、経済的なサブスクリプションライセンスの販売を開始します。

システム保護ソリューションActiveImage Protector™とは

ActiveImage Protector™は、Windows / Linux サーバーの物理 / 仮想環境、オンプレミス、クラウド両方に対応したシステム保護ソリューションで、高速なバックアップと確実な復元により、システムおよび貴重なデータを保護できます。作成されるバックアップデータは汎用性が高く、あらゆるシステム障害による業務停止に陥った時にもシステムを即座に復旧できます。一般的なバックアップ / リカバリー、データレプリケーション機能の他、可用性システムの構築、システム移行といった即時復旧に必要な機能も全て実装されていて、より強力なシステム保護ソリューションを実現しています。さらに自社開発製品ならではのきめ細かく、安心できるサポートも提供しています。

(株)アクティファイについて(旧社名:ネットジャパン)

アクティファイは、独自のディスクイメージングと重複排除圧縮技術をベースに、高速で確実なバックアップ / リカバリーソリューションのActiveImage Protector™とその管理コンソール、PCキッティングツールや便利なユーティリティやを自社開発しています。Windows / Linux両方のOSの物理環境、仮想環境、クラスタリング環境からクラウド環境にいたるまで、それぞれに対応した豊富な製品ラインアップを揃え、販売、マーケティング、テクニカルサポートを提供しています。ActiveImage Protector™をはじめとする製品は、企業から個人まで、OEMやバンドル販売も含めて、業種を問わず、幅広いユーザーから多大な支持と信頼を得ています。今日では、日本市場だけではなく、北米、欧州、アジア太平洋地域においてもグローバルに販売・サポートを展開しています。2020年7月1日に1996年設立以来の社名を(株)ネットジャパンから(株)アクティファイに変更しました。

お問合せ先、商標

  • 本プレスリリースに関するお問い合わせは、(株)アクティファイ  マーケティング部までお願いします。
    E-mail: mktg@actiphy.com
  • お客様からの製品やライセンスのお問い合わせ先は、(株)アクティファイ  営業本部までお願いします。
    (TEL)03-5256-0877   (FAX)03-5256-0878    E-mail:sales@actiphy.com
  • ©2021 Actiphy, Inc. All rights reserved.
    ActiveImage Protectorは、(株)アクティファイの商標です。
  • 本プレスリリース中のその他のブランド名及び製品名は、それぞれ帰属する所有者の商標または登録商標です。
  • ActiveImage Protector™の画面写真は、こちらからダウンロードできます。