ActiveImage テレワークとは

ActiveImage テレワークは、Parallels社のRASサーバーによるテレワークソリューションを、導入、販売、サポートを行っている株式会社オクムラとActiveImage Protectorを組み合わせた協業製品です。

テレワークを利用した新しい働き方を安全に運用するために、必要な物をセットにしたソリューションで、Paralles RASとActiveImage Protectorのライセンスの他に、RASサーバーに使用する物理サーバーとバックアップを保存するネットワークストレージ全てが含まれます。

ActiveImage テレワークは導入も簡単で、安全なテレワーク環境を実現します。

リモート接続時の認証にワンタイムパスワード利用可能で、安心に接続できます。またデータ漏洩を防ぐコピー&ペーストの禁止など、接続するPCの制限をおこなうことが可能です。

マルチOS対応、Windows、Mac、Android、ChromeOSでの利用が可能なため、利便性が向上します。

サーバー接続で、接続情報、利用情報の見える化がおこなえるため、管理者の負担が大幅に軽減します。

安全なリモート接続とシステム保護の相乗効果

テレワークは物理的な場所の問題を解決することにより、ネットワークがあれば、どこでも仕事ができます。

しかしその反面、企業のシステムへのサイバー攻撃、ランサムウェア、またシステム停止が発生すると外部にいるため、一切業務が停止してしまう可能性があります。

ActiveImage テレワークでは、外部アクセスからのセキュリティを強化することで、安全なリモートワークを実現します。

RASサーバーに障害が発生しても、ActiveImage Protectorがシステムを保護しているので、短時間で復旧することが可能です。

また、予め持ち出しPCなどのシステム保護をおこなうライセンスも含まれていますので、外出先でのPC復旧も可能です。

シンプルな導入構成

付属の専用サーバーを設置します。
専用サーバーには予めParallels RASとActiveImage Protectorがインストールされているので、短時間に構築することが可能です。
また、Parallels RASは株式会社オクムラ、ActiveImage Protectorはアクティファイによって、充実したサポートを提供します。
出荷状態のイメージファイルも保存されているので、専用サーバーの障害が発生した場合でも、簡単に復旧することができます。